小さなクモの物語

  • 2019.07.28 Sunday
  • 08:54

朝一で出勤して、最初の乗務に備えて個室に座っていたら、何やら上からツツツーと降りて来ました。

 

小さなかわいいクモでした。

そのままにしていてもよかったのですが、顔にかかってきたので、繋がっている糸をやさしくとって、隅の方にそっと置いてやりました。

 

ん?あれれ?

クモが2匹になってる?

 

何とそっと置いてやった場所には、同じ種類と思われる小さなクモが巣を張ってゆっくりしていたようなんです。

全然気付きませんでした。

 

突然巣にやって来られたクモは、当然後から来たクモ(まあ、私が置いたんですけど)にプレッシャーをかけてきました。

 

ところがです。

その成り行きを見ている私の目の前で、私が置いた後からクモは、予想外の動きに出ました。

 

最初プレッシャーをかけられていたはずなのに、途中から逆襲し始め、結局先住クモを追っ払ってしまったんです。

 

「お前が後から来たんだろう!」

 

自分の責任を棚に上げて、思わず突っ込んでしまいました。

 

このドラマのおかげで、あやうく乗務に遅れるところでした。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Sponsored Link

ポチっとお願いします

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM